ワンピースを改めて語る

自分が面白いなと思っているアニメは、ワンピースです。初期このころと作風が変わっていますが変わらず楽しめます。初期のころは、仲間がどんどんと集まっていく楽しさがありました。しかし、最近は、強い相手がどんどんと出てきてその強さに最初は全く歯が立たないのですが、少しずつ強くなり倒していくという爽快感があります。そして、スケールもどんどんと大きくなり、だんだんと本当に海賊王になるんじゃないかと思えるようになりました。その理由の一つが出会う敵が倒した後に、仲間になっていくところが、いかにも海賊王にありそうだなという展開になっています。現在、テレビのワンピースは、4皇の一人ビッグマムと対峙しています。その中の部下である10億の賞金首カタクリとの戦いが起きています。ここでも圧倒的な強さに、歯が立たない状態が今の状態ですが、また少しずつ打開していき倒してくれるんじゃないかと思っています。そのあとは、ゾロ達と久しぶりに会うことができ、それも楽しみです。

ワンピースの良さは、出会う人との絆がどんどんと深まっていくことにあります。ジンベイとも最初に出会ったときよりも、今回出会ってからさらに絆が深まり、今度は仲間になりました。そういう絆が深まっていくところも見ていて楽しいなと思います。

そして、ルフィがどんどんと強くなっていくところもたまらなく楽しいです。始めて、トレーニングの時間を経て覇気を使えるようになって表れた時は、とてもかっこよかったです。何千人もいる相手を目だけで倒してしまうところを見ると本当に成長したなと思います。そして、圧倒的な強さを誇っていたドフラミンゴを倒してしまうときも、圧巻です。その強さの進化も楽しみの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です