「勝手にふるえてろ」という映画が大好きです!

映画館に5回見に行きました!この映画、主演の松岡茉優ちゃんが演じる主人公のヨシカがずっと出ずっぱりです。ヨシカが出ていないシーンがない。これって冷静に考えると結構すごいことなのでは!?
物語は、ヨシカが学生時代からずっと好きだった男の子・イチと、会社の同僚でアプローチしまくってくる男・ニの2人の間で揺れ動く話・・・と言っても、ほぼイチとの思い出を反芻しては浸っているヨシカ、基本ニには目もくれません。頭の中はイチでいっぱい。学生当時イチと話したことなんて数えるくらいしかないのに・・・数少ないエピソードをほじくっては噛み締めて生きている彼女に、好きなアイドルとハイタッチした記憶を大切に取り出してはしまっている私を重ねてしまっています(笑)。
一番好きなシーンは、ヨシカが歌い出すシーンなんですけど、かなりの衝撃があります。「え、そういうことだったの!?」とびっくりします。このシーンが見たいがために5回映画館に行ったと言っても過言じゃないくらい最高のシーンです。とにかく松岡茉優ちゃんの演技がうま過ぎて惹きこまれちゃいます。
宣伝文句には「ラブコメ」という言葉が躍っていましたが、正直そんな軽い言葉で片付けて欲しくないくらい、人生の拠り所になる映画です。美人な友人に嫉妬した日、好きな人とうまく話せなかった日、仕事で失敗した日、いつもこの映画のBlu-rayを家で見て寝ます。いろんなモヤモヤがスーッと消えていくような、ぼやけていくような感覚になります。ああ、ヨシカもなんだかんだ生きているんだから、私も頑張ろう、って。きっと女なら誰でも(もしかしたら男でも)心のに中にヨシカがいるんじゃないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です